漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「我」という漢字
「我」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「我」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「われ」(同意語:)

 ア:「一人称の人代名詞(話し手・書き手が自分自身の
    指す)。僕(ぼく)私(わたし)。が。

   (例:我はこう思う、自我)

 イ:「二人称の人代名詞(話し手(書き手)にして、聞き手(読み手)
    を指す)。おまえ。あなた。

   (例:我が勝手にやった)

 ウ:「反射代名詞(一人称・二人称・三人称は関係なく、
    実体そのものを指す)。その自身。
」(例:我の限界を越える)

②「わが

 ア:「自分に関する。自分が所有する表す
   (例:我が家族、我が車)

 イ:「自分の味方や指す」(例:我が、我が)

 ウ:「話し手と関係がく、親しみ誇りの気持ちを表す
   (例:この伝説のこそ、我が佐藤君なのです)

③「頑固。自分の考えを押し通す。ひとりよがり(他人の
  意見を無視して、自分だけでよいと思い込んでいる)。

  (例:我流、我田引水)

仏教で用いられる意味

④「自分のだけを考え。自分勝手な考え持つ」(例:我見)

成り立ち

象形文字です。「刃先がぎざぎざした」の象形から、「ぎざぎざして鋭い

の意味を表しましたが、借りて(同じ読みの部分に当て字として使って)、

われ」、「」、「自分」を意味する「我」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「」、「われ

名前(音読み・訓読み以外の読み):「もと

画数

7画

部首

①「丿(の、のかんむり(ノ冠)、のはらいぼう(ノ払棒)、はらいぼう(払棒)、へつ)

「丿」を含む漢字一覧

②「戈(ほこづくり(戈旁)、ほこがまえ(戈構)、かのほこ(戈のほこ)、たすき)

「戈」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る