漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「越」という漢字
「越」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「越」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「こす、こえる(ある地点・時をこえて向こう側へ行く)

②「ある基準・数量を上回る」、「限界をこえる」(例:僭越)

③「去る」、「遠ざかる」、「離れる

④「まわりくどい(遠回しで複雑である)

⑤「親しい仲でない」(例:越人)

⑥「失う

⑦「つまづく

⑧「~と~(並列の助字)

⑨「ここに(言い始めの語)

⑩「国名

 ア:「春秋時代の十二列国の1つ。(前473年~前306年)

 イ:「五代十国の1つ。銭鏐(せんりゅう)が建てた国。(907年~978年)

⑪「浙江省(せっこうしょう)の古名

⑫「南方の種族の名前」(例:百越)

⑬「あな(瑟(しつ-琴の)の下部の穴

⑭「くくる(束ねる)

日本のみで用いられる意味

⑮「こし(こしのくに)(今の福井・石川・富山・新潟県)

⑯「国名。越南(ベトナム)の略

[越・超の使い分け](こえる・こす)

」・・・「ある地点・時をこえて向こう側に行く」(例:山を越える、年を越す)

」・・・「一定の基準・数量・範囲を上回る」(例:定員を超える、一線を超える)

成り立ち

形声文字です(+戉)。「走る人の象形と立ち止まるの象形」(「走る

の意味)と「大きな斧」の象形(「斧」の意味だが、ここでは、「遠(エン)」に

通じ(同じ読み持つ」と同じ意味を持つようになって)、「とおい」の

意味)から、「遠方に離れる」、「遠ざかる」を意味する「越」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「エツ

常用漢字表外:「オチ」、「オツ

訓読み:「こ(える)」、「こ(す)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「」、「こえ」、「こし

画数

12画

部首

走(そうにょう(走繞)、はしる)

「走」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る