漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「僕」という漢字
「僕」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「僕」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「しもべ

 ア:「召使い(雑用をするために雇われている者)」(例:下僕)

 イ:「身分の低い

 ウ:「雑用を行う下級の役人

②「馬車を走らせる

③「仲間

④「ぼく

 ア:「一人称の代名詞。男性が自分のことをさしていう語。
    対等またはそれ以下のに対して用いる


※自分より身分の高い人に対しては、「わたくし、わたし」を用いる。
 古くは「やつがれ」と読み、相手に対して尊敬の気持ちを表し自分を
 控え目にする際に用いられた。明治時代から、学生が「ぼく」と読んで
 用いるようになった。

 イ:「小さい男の子に対して呼びかける語

⑤「従う

⑥「つかさどる(職務・役目として取り扱う、支配する、管理下に置く)

⑦「隠す

⑧「うるさいさま」、「面倒でできれば避けたいさま

成り立ち

会意文字です(+++廾)。「5本の指のある手」の象形と

農具:箕(み)」の象形と「入れ墨をするの針」の象形と「両手」の

象形から、罪人・奴隷が汚物を捨てているさまを表し、そこから、

しもべ」、「召使い」を意味する「僕」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「ボク

常用漢字表外:「ホク

訓読み:「しもべ」、「やつがれ

画数

14画

部首

亻(にんべん(人偏))

「亻」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されており、
とても美しい漢字が簡単に書けるようになりますよ(^^♪

資料請求には、氏名郵便番号住所電話番号
記載が必要ですが、バランスの良い美しい字が書ける
ようになるので、今すぐ資料をもらっておきましょう。


≪とてもキレイな字≫が書け、
周りの評価も上がって嬉しい!
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る