漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「私」という漢字
「私」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「私」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「わたくし

 ア:「自分」、「自己

 イ:「個人」(反意語:公)

 ウ:「不公平

 エ:「正しくない事」、「不正で悪い事

 オ:「自分の利益だけを追求しようとする欲望

 キ:「一人でいる

 ク:「人に知られたくない行い」、「隠し事」、「秘密

②「わたくしする

 ア:「自分のものにする

 イ:「自分の利益にしようとする

 ウ:「不公平にする

 エ:「姦通する(既婚者が、配偶者以外の異性と肉体関係をもつ)

③「ひそかに」、「こっそりと」、「正式ではなく

④「愛する」、「愛する

⑤「あわれむ(かわいそうに思う)

⑥「めぐむ(の毒に思って金品を与える)

⑦「普段居る所」、「自分の家

⑧「普段着

⑨「家来の家来

⑩「身内」、「家族

⑪「ゆばり(小便)する

⑫「あいむこ(姉妹の夫同士)

⑬「隠し所(男女の性器)

⑭「

⑮「小作人の所有となる稲

※小作人とは、田畑など農地の所有者である地主から農地を
 借りて耕作し 、お金を払って農業をしている農家のを言います。

日本のみで用いられる意味

⑯「わたしくし・わたし(話し手自身を指す言葉)

成り立ち

会意兼形声文字です(+ム)。「穂先が先端に垂れかかる稲」の象形

(「」の意味)と「小さく取り囲む事を示す文字」(「自分のものに

する
」の意味)から、自分の稲を意味し、そこから、「自分のものに

する
」を意味する「私」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「わたくし」、「わたし

常用漢字表外:「ひそかに

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とみ

画数

7画

部首

禾(のぎ、のぎへん(ノ木偏))

「禾」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る