漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「生」という漢字
「生」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「生」は小学1年生で習います。「生」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「いきる

 ア:「人間・動物などが、呼吸したり、いたりできる状態にある
   (反意語:)(例:50まで生きる)

 イ:「人間が、呼吸したり、いたりできる状態を維持する
    の活動をする(生活する、生計を立てる)

   (例:生涯、1人で生きる)

 ウ:「そのことに活動していく価値を見出して日々を送る
    (例:趣味に生きる)

 エ:「元気があふれて勢い良くなる
   (例:の存在でチームが生きてきた)

 オ:「うまく活用することによってそのものの価値が発揮される
   (例:長年の経験が生きる)(同意語:活きる)

 カ:「効力がわれていない
   (例:この契約書は生きている)(同意語:活きる)

 キ:「野球で、に出たランナーがアウトにならずにすむ
   (例:エラーで生きたランナー)

 ク:「囲碁で、が別々に二つ以上できて自分のとなる
   (この黒石は生きている)(同意語:活きる)

②「いかす

 ア:「呼吸がなくなったものを再度、呼吸が出来るような
    状態にする
」(例:れたを生かす)

 イ:「なないようにする。呼吸したり、いたりできる
    状態を長続きさせる。
」(例:で生かす)

 ウ:「有効に使う」、「活用する」(例:経験を生かす)(同意語:活かす)

 エ:「一度したや字句を復活させる」(例:の文章を生かす)

③「いける」(同意語:活ける)

 ア:「眺め楽しむなどを整えて花器や挿す
   (例:を生ける)

 イ:「植える」(例:を生ける)

 ウ:「たせる」(例:を生ける)

 エ:「にかけた・んだ生物を、呼吸したり、いたり
    できる状態にする
」(例:にかけたを生ける)

 オ:「飼う」(例:金魚を生ける)

④「うむ

 ア:「物事をしく作り出す

 イ:「ある状況・状態を作り出す」(例:疑惑を生む)

⑤「うまれる

 ア:「物事が新たにできる

 イ:「ある状況・感情出る

 ウ:「死後、この再び現れる

⑥「はえる

 ア:「草木の出る

 イ:「やひげなどがてくる

⑦「いきたままで(人間・動物などが、呼吸したり、いたり
  できる状態のままで)


⑧「(生命)

⑨「生き物」、「生物

⑩「人民

⑪「暮らし」、「生活

⑫「なま(などで加工していない)

⑬「未熟

⑭「慣れていない」、「習熟していない

⑮「うまれながら、うまれつき(人間・動物が、
  呼吸し始めから)


⑯「学者・学生の呼び名」(例:先生、生徒)

⑰「自己の謙称(相手を尊敬して自分を控え目にした呼び名)
  (例:小生)

⑱「旧劇の男役の1つ」、「立役

[生・活の使い分け](いきる・いかす)

」・・・「有効な(役に立つがある)場合に用いる
     (例:努力が活きる、経験を活かす)

」・・・「すべての場合に用いるができる
      (例:50まで生きる、を生かす)

[産・生の使い分け](うむ、うまれる)

」・・・「出産の場合に用いる」(例:子を産む)

」・・・上記以外は、「生」を用いる(例:生みの)

成り立ち

象形文字です。「が地上に生じてきた」象形から「はえる」、

いきる」を意味する「生」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「セイ」、「ショウ

訓読み:「い(きる)」、「い(かす)」、
     「い(ける)」、「う(まれる)
     「う(む)」、「お(う)」、「は(える)
     「は(やす)」、「」、「なま

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あり」、「」、「うぶ」、「うまる」、「」、「おき」、「さく」、
すすむ」、「たか」、「なり」、「のう」、「ひさむ」、「」、「」、
ふゆ」、「」、「ゆき」、「

画数

5画

部首

生(いきる、うまれる)

「生」を含む漢字一覧

部首解説:
「生」をもとにして、出産・生命などに関係する漢字ができている。

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る