漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「楽/樂」という漢字
「楽/樂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「楽」は小学2年生で習います。「樂」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(楽)
意味

①「たのしい

 ア:「った通りになっていて、気持ちが良い
   (例:予想通り晴れて楽しい)

 イ:「何回・何時間でも体感したい(身体に感じていたい)気持ちである
   (例:ディズニーランドは楽しい)

 イ:「金持ちである

 ウ:「農作物の出来が良い豊かである

②「たのしむ

 ア:「った通りになっていて、気持ちがくなる
   (例:ゆっくりできる休日を楽しむ)

 イ:「何回・何時間でも体感したい(身体に感じていたい)気持ちに
    なる。好む
」(例:独身生活を楽しむ)

 イ:「好きなことをして満足を感じる」(例:ドライブを楽しむ)

 ウ:「のことに期待して、そうなることを望む願う
   (例:子供の成長を楽しむ)

 エ:「金持ちになる

③「たのしみ

 ア:「気持ちが良い、何回・何時間でも体感したい(身体に
    感じていたい)と感じる
」(例:登山の楽しみを知る)

 イ:「気持ちがくなる物事。何回・何時間でも体感したい
    (身体に感じていたい)気持ちになる物事。

   (例:釣りは楽しみの1つ)

 ウ:「のことに期待して、そうなることを望む
   (例:将来が楽しみな子供)

④「らく

 ア:「何回・何時間でも体感したい(身体に感じていたい)気持ちである。
    また、気持ちになる()。また、その物事。

   (例:楽園、道楽、娯楽)

 イ:「簡単な(単純な、時間・手間がかからない)」(例:楽な問題、楽勝)

 ウ:「があって生活に苦労しない」(例:不動産収入で楽に暮らす)

 エ:「や身体に辛さ痛みがなく、落ち着く」(例:気楽、楽な姿勢)

 オ:「千秋楽(入場料をとってに演芸やスポーツをせるイベントの
    最終日)の
」(例:楽日)

 カ:「楽焼(り、低温で焼く陶器)の

陶器とは、いてったの総称。

 キ:「芝居の大型の太鼓がった囃子(はやし)

囃子(はやし)とは、・ 歌舞伎の芸能で、拍子をとり、
 または気分を出すに演奏する音楽。

⑤「喜ぶ

⑥「音楽(を組み合わせるによって動かす(きつけ
  られる・何度もいてみたくなる)もの)の
」(例:音楽)

⑦「奏(かな)でる。組み合わせたして動かす
  (例:楽師、楽団)

⑧「色々な出すの道具」(例:楽器)

⑨「歌手」、「演奏者」(例:女楽)

⑩「経書の。六経の1つ。」(例:楽経)

※経書・とは、儒教ができる(基礎)となっている書物の

※楽経とは、音楽について述べ

儒教とは、孔子(552~479)がいた、は武力ではなく、
  (人間性・性格・考えくするの行動で教え導き考え
  行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること)によって天下を
  治めるべきであるという思想の

⑪「で中国の人物がまう

⑫「恋い慕う(恋する愛する)」(例:楽思)

成り立ち

象形文字です。「どんぐりをつけた楽器」の象形から、「音楽」を

意味する「楽」という漢字が成り立ちました。じて(派生して・新しい意味

かれて)、「たのしい」の意味も表すようになりました。

※「楽」は「樂」の略字です。

※「樂」は「楽」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ラク」、「ガク

常用漢字表外:「ギョウ」、「ゴウ

訓読み:「たの(しい)」、「たの(しむ)

常用漢字表外:「かな(でる)」、「この(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ささ」、「たのし」、「もと」、「よし

画数

13画」(楽)

15画」(樂)

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順(楽)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る