漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「奏」という漢字
「奏」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「奏」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「かなでる

 ア:「楽器(色々な出すの道具)で出す。そう。
   (例:ピアノを奏でる、演奏)

 イ:「舞う。音楽やわせて躍る」(例:役者が舞台で奏でる)

②「すすめる

 ア:「差し上げる

 イ:「申し上げる。そう。」(例:奏上)

③「朝廷や政府や天皇に申し上げる文書」(例:上奏文)

④「走る」、「赴(おもむ)く。ある場所・方角に向かって行く

⑤「集まる」(同意語:)

⑥「成し遂げる」(例:奏功)

成り立ち

会意文字です。 「いた」の象形と「両手」の象形から、ある

両手で寄せながら、おしすすめるを意味し、そこから、「差し上げる

を意味する「奏」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって感動・大満足!!!
【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ソウ

訓読み:「かな(でる)

常用漢字表外:「すす(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

9画

部首

大(だい、だいかんむり(大冠)、だいがしら(大頭))

「大」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る