漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「歌」という漢字
「歌」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「歌」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「うたう

 ア:「リズム(強弱・遅速の変化)をつけて出す。か。
   (例:カラオケで歌う、歌吹)

 イ:「鳴く」(例:が歌う)

 ウ:「詩歌(和歌 ・俳句・など、一定の規則に沿って書き
    表された)を作る。また、詩歌にリズムをつけて読む。か。

   (例:悲しみを歌った、歌壇)(同意語:詠う)

②「うた

 ア:「リズム(強弱・遅速の変化)をつけて出す
   また、リズムをつけて出す言葉の総称。か。

   (例:好きな歌、歌手)

 イ:「和歌 ・俳句・など、一定の規則に沿ってられた感情表現

 ウ:「和歌(日本固有の詩歌。日本だけが持つ一定の規則に
   沿って書き表された。長歌・短歌・旋頭歌がある)の


[歌・唄・詠・謡・謳の使い分け](うたう)

」・・・「リズム(強弱・遅速の変化)をつけて出す場合
      (例:カラオケで歌う)

※邦楽(日本の伝統的なスタイルを基礎とする音楽)にリズム
 をつけて出す場合、「歌」の代わりに「」も使用できる。

※詩歌にリズムをつけて読む場合は、「歌」の代わり
 「」も使用できる。

」・・・「(日本の舞台芸術・歌いながら舞う)の台本(脚本)
       に(区切り)をつけて出す場合


」・・・「褒める」、「主張する」(例:平和なを謳う、民主主義を謳う)


成り立ち

会意兼形声文字です(哥+)。「の象形との象形×2」(「

から大き出す、うたう
」の意味)と「開けている」象形

(「開ける」の意味)から、「をあけ大きでうたう」を

意味する「歌」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

訓読み:「うた」、「うた(う)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

14画

部首

欠(あくび(欠伸)、かける、けんづくり(欠旁))

「欠」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る