漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「唄」という漢字
「唄」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「唄」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「仏(仏教を開いた釈迦)が行ったよい行いをほめたたえる歌。
  また、その歌をうたう事


日本のみで用いられる意味

②「うた」(同意語:)

 ア:「音楽に合わせて歌うようにった韻文

 イ:「詩の一体。古詩の

※韻文とは、「一定の規則に従って書き表された文」のを言います。

[歌・唄・詠・謡・謳の使い分け](うたう)

」・・・「リズム(強弱・遅速の変化)をつけて出す場合
      (例:カラオケで歌う)

※邦楽(日本の伝統的なスタイルを基礎とする音楽)にリズム
 をつけて声を出す場合、「歌」の代わりに「唄」も使用できる。

※詩歌にリズムをつけて読む場合は、「歌」の代わりに
 「詠」も使用できる。

」・・・「(日本の舞台芸術・歌いながら舞う)の台本(脚本)
       に(区切り)をつけて出す場合


」・・・「褒める」、「主張する」(例:平和なを謳う、民主主義を謳う)

成り立ち

形声文字です(+)。「」の象形と「子安貝」の象形(「貝」の意味

だが、ここでは、梵語(ぼんご)「唄匿(ばいのく-法要の初めに身心を

静める意味で唱える曲)
」の音訳」から、「仏の賛歌」、「うた」を意味する

「唄」という漢字が成り立ちました。

音訳とは、漢字の読みを当て字として使って外国語を漢字で
 表す。(例:梵語(ぼんご)のbuddhaは漢字で仏陀と書く。)


読み

音読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「バイ

訓読み:「うた

画数

10画

部首

口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、資料請求してみて下さい。

※資料請求には、氏名郵便番号
 住所電話番号の入力が必要です。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る