漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「節/節」という漢字
「節/節」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「節」は小学4年生で習います。「節」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(節)
意味

①「ふし

 ア:「竹のふし(茎にある区切り)」(例:竹節)

 イ:「のふし」(例:節目)

 ウ:「骨と骨とが接続する部分」(例:関節)

 エ:「音楽の調子」、「メロディー」(例:曲節)

②「みさお(自分の意志・行動・主義を守って変えない事)」(例:節操)

③「決まり」、「作法」(例:礼節)

④「区切り」、「切り目」、「詩文・文章のひと区切り」、「段落」(例:章節)

⑤「割符」、「手形」(例:符節)

⑥「旗印(戦場で目印として旗につける紋所や文字)」(例:使節)

⑦「とき」、「おり」、「時期」(例:時節)

⑧「気候の変わり目」(例:季節)

⑨「祝いの日」、「祝日」(例:節日)

⑩「ほどあい」、「頃合い」、「適度

⑪「ほどよい」、「ほどよくする」、「適度を保つ

⑫「限る(かぎる)」、「省く

⑬「控えめにする」、「慎ましくする」(例:節約、節食)

⑭「ますがた(枡のような四角な形)」、「柱などの上に設けた正方形、
  または長方形の木


⑮「楽器の名。打って他の楽器のふしを整えるもの

⑯「易の六十四卦の名。節度があるさま

日本のみで用いられる意味

⑰「ノット(船が1時間に1海里(1852メートル)走る速さ

成り立ち

会意兼形声文字です(+())。「」の象形と「食べ物の象形

とひざまずく人の象形
」(人が食事の座につく意味から、「つく」の意味)

から、竹についている「ふし(茎にある区切り)区切り」を意味する

「節」という漢字が成り立ちました。(「節」は俗字(世間(集まり

生活している)では使われているが、の規則(決まり)では

認められていない)です。)

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「セツ」、「セチ

訓読み:「ふし

常用漢字表外:「ノット」、「みさお

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「さだ」、「たか」、「たかし」、「たけ」、「とき」、「とも」、
のり」、「」、「ほど」、「まこと」、「みさ」、「みさお」、「みね」、
もと」、「」、「よし

画数

13画」(節)

15画」(節)

部首

竹(たけ、たけかんむり(竹冠))

「竹」を含む漢字一覧

書き順・書き方(節)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る