漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「奥/奧」という漢字
「奥/奧」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「奥」は中学生で習います。「奧」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おく

 ア:「入り口・表から中のほうへ深く入った所

 イ:「部屋の西南のすみを言い、部屋の中で最も価値のある所。
    ここに神を祭った


 ウ:「奥座敷(家屋の、入り口から内へ深く入った所。家族が
    立ち座ったりする所)


 エ:「寝室

 オ:「表面に現れない深い」、「内部

 カ:「心の底

 キ:「簡単には知るができない深い意味」(例:数学は奥が深い)

 ク:「芸や学問をきわめて得られるもの」(例:武道の奥をきわめる、奥義)

以下は日本のみで用いられる意味

 ケ:「夫人(妻)」(例:奥方)

 コ:「身体と心の発達が遅い事。また、その子

 サ:「稲の、遅く成熟するもの」(例:奥稲)

 シ:「東北地方」(例:奥州、陸奥)

 ス:「書物の終わりの著者名・書写年月日・来歴などに
    ついての書き入れ
」(例:奥書)

 セ:「終わり

 ソ:「将来」

 タ:「右を辺(へ)というのに対し左

②「主要(特に大切)な点

③「くま(川の水が折れ曲がって入りこんだ所)」(同意語:澳)

④「暖か(あたたか)」(同意語:燠)

成り立ち

形声文字です(の省略形+廾)。「屋根・家屋の象形と種を散りまく象形

と区画された耕地の象形
」(「探・播」に通じ(「探・播」と同じ意味を持つ

ようになって)、「くわしく知る」の意味)と「両手」の象形から、目がとどかず、

手で詳しく知るができない事を意味し、そこから、「おく」を意味する

「奥」という漢字が成り立ちました。

※「奧」は「奥」の旧字(以前に使われていた)です。

※「奥」は「奧」の略字です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「オウ

常用漢字表外:「イク」(奧のみ)

訓読み:「おく

常用漢字表外:「くま

名前(音読み・訓読み以外の読み):
「うち」、「おき」、「すみ」、「ふか」、「むら

画数

12画」(奥)

13画」(奧)

部首

大(だい、だいかんむり(大冠)、だいがしら(大頭))

「大」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る