漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「詠」という漢字
「詠」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「詠」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「うたう(声を長く引いて詩や歌をうたう)」(同意語:歌)(例:朗詠、吟詠)

②「うた」、「詩歌(和歌・俳句・詩など、一定の規則にそって書き表された文)

③「詩歌を作る」(例:近詠)

日本のみで用いられる意味

④「よむ(和歌を作る)

⑤「ながめる

[読・詠の使い分け](よむ)

」・・・「書かれているを理解する」、「声を出してよむ」、「数をかぞえる」、
     「推測する」(例:手紙を読む、秒読み、顔色を読む)

」・・・「詩歌(和歌・俳句・詩など、一定の規則にそって書き
      表された文)を作る
」(例:俳句を詠む)

[歌・唄・詠・謡・謳の使い分け](うたう)

」・・・「リズム(強弱・遅速の変化)をつけて出す場合
      (例:カラオケで歌う)

※邦楽(日本の伝統的なスタイルを基礎とする音楽)にリズム
 をつけて声を出す場合、「歌」の代わりに「唄」も使用できる。

※詩歌にリズムをつけて読む場合は、「歌」の代わりに
 「詠」も使用できる。

」・・・「(日本の舞台芸術・歌いながら舞う)の台本(脚本)
       に(区切り)をつけて出す場合


」・・・「褒める」、「主張する」(例:平和なを謳う、民主主義を謳う)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形と口の象形

(「(つつしんで)言う」の意味)と「支流を引き込む長い流域を持つ」の象形

(「いつまでも長く続く・はるか」の意味)から、口から声を長く引いて

(詩歌を)うたう」を意味する「詠」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「エイ

訓読み:「よ(む)

常用漢字表外:「うた(う)」、「なが(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「かぬ」、「かね

画数

12画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る