漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「焼/燒」という漢字
「焼/燒」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「焼」は小学4年生で習います。「燒」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(焼)
意味

①「やく」、「やける

 ア:「たく(燃やす)」、「燃える」(例:燃焼)

 イ:「火であぶる」、「火で熱くなる

 ウ:「心を悩ます」、「苦労する

 エ:「苦痛などのあまりからだをよじる

②「雲などが日に映って赤くなる」(例:夕焼け)

③「赤い」、「炎のように赤い

④「病気で熱が出る

⑤「酒の」(例:焼酎)

⑥「野原を焼く」、「春の初めに野原などの枯れ草を焼く火

⑦「熱い

日本のみで用いられる意味

⑧「やく

 ア:「あれこれと小まめに働く」(例:世話を焼く)

 イ:「ねたむ(他人が自分よりすぐれている状態をうらやましく思って嫌う)」

 ウ:「嫉妬する(自分の愛する者の愛情が、他のに向けられる
    のを嫌う)
」(やきもちを焼く)

⑨「やき

 ア:「刃物の刃を焼いて堅くする

 イ:「ゆるんだ気持ちを引き締めさせる」、「制裁や拷問を加える
   (例:ミスをした者に焼きを入れる)

成り立ち

会意兼形声文字です(+())。「燃え立つ」の象形と「土を高く盛った

象形と人の上に横の一線を引き、高くて平らを示す文字
」(「高い」の意味)から

火を高くあげる、すなわち、「やく」を意味する「焼」という漢字が成り立ちました。

※「焼」は「燒」の略字です。

※「燒」は「焼」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ショウ

訓読み:「や(く)」、「や(ける)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「やき

画数

12画」(焼)

16画」(燒)

部首

火(ひ、ひへん(火偏))

「火」を含む漢字一覧

書き順・書き方(焼)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る