漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「火」という漢字
「火」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「火」は小学1年生で習います。「火」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「

 ア:「燃えるじる」(例:火力、炭火)

 イ:「木材をきにしてったの燃料を燃やして
    おこした「ア」


 ウ:「細か散る「ア」」(例:火花)

 エ:「「ア」の温(あたた)か」(例:火のある部屋)

 オ:「建築物や山林などが焼けること」(例:火災、火事)

 カ:「怒りなどで)起こる激しい感情
   (例:怒りの火を燃やす、情火)

 キ:「狼煙(のろし-焼くことでげ、それを離れから
    確認することによって情報を伝達する手段の)


 ク:「月経(生理)

②「燃える(灯火・たいまつの)

③「のあるもの」、「明かり出すもの」(例:蛍火)

④「火の模様

⑤「火の使う。また、火の使う道具」(例:火食、火器)

⑥「五行のつ(方角は、季節ではでは火星、十干では
  、十二支では)


五行とは、・火・言う。また、五行思想とは、
  すべてのものは・火・から成り立っているとした古代、
  中国の思想の

十干とは、(こう)・(おつ)・(へい)・(てい)・(ぼ)・
  (き)・(こう)・(しん)・(じん)・癸(き)の総称の事を言う
  (生物が生まれてから死ぬまでの循環過程を分けしたもの)

十二支とは、占いの道具として設定された
  ・酉・戌・の総称のいます 。

⑦「焼く」、「燃やす」、「焼ける」、「燃える

⑧「急ぐ」、「の差し迫ること」(例:火急)

⑨「唐代の兵制で

⑩「四大(・火)の

⑪「火曜日の(七曜のつ)

七曜とは、える惑星を五行と対応させた火星・水星・木星・金星・
  土星と、太陽・わせたつの天体の言う

成り立ち

象形文字です。「燃え立つ」の象形から「」を意味する

「火」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「

訓読み:「」、「

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひかる

画数

4画

部首

火(ひ、ひへん(火偏))

「火」を含む漢字一覧

部首解説:
「火」が漢字の下部に付くく「」のになる。「火」をもとにして、
用いる道具やの動作や特徴」などに関する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る