漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「熱」という漢字
「熱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「熱」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あつい(そのものの温度が高い)」(反意語:冷たい)

②「あつくする」、「あつくなる」、「焼く

③「ねつ(あついもの、あつくする力、あつさ)

④「のぼせる(血が頭にのぼってぼうっとなる)

⑤「興奮する」(例:熱血)

⑥「夢中になる」、「1つのに心を注ぐ」(例:熱中、情熱)

日本のみで用いられる意味

⑦「ねつ

 ア:「に対する心の向き方」、「気乗り(に興味を感じて
    積極的にやろう という気になること)


 イ:「体温

[暑・熱・厚の使い分け](あつい)

」・・・「気温が高い」(例:暑苦しい夜)

」・・・「そのものの温度が高い」(例:熱い風呂)

」・・・「物が太い」、「情がこもっている
     (例:この本は、ぶ厚い、厚く御礼申し上げます)

成り立ち

形声文字です(埶+灬()。「人が植木を持つ」象形(「植える」の

意味だが、ここでは「然」に通じ(「然」と同じ意味を持つように

なって)、「火で焼く」の意味)と「燃え立つ」の象形から、

あつい」を意味する「熱」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ネツ

常用漢字表外:「ネチ

訓読み:「あつ(い)

常用漢字表外:「ほて(る)」、「ほとぼり

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

15画

部首

灬(れっか(列火)、れんが(連火))

「灬」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る