漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「太」という漢字
「太」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「太」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ふとい」(反意語:)

 ア:「周り(周囲)が大き」(例:が太い)

 イ:「大き」(例:太いペン)

 ウ:「強い」、「恐れたりしない」(例:神経が太い)

 エ:「落ち着いている」(例:神経が太い)

 オ:「大きい」(例:太い)

 カ:「くてそうである」(例:太い)

 キ:「ずうずうしい(に迷惑をかけても平気でいる、らない)
   (例:図太い)

 ク:「の規模が大きい

②「ふとる」(同意語:)

 ア:「身体にや脂肪がたくさんつく。」(例:過ぎて太る)

 イ:「財産増える豊かになる。」(例:太った会社)

③「はなはだしい(程度が普通の状態を遥(はる)か超えている)」、
  「非常に」(同意語:)(例:太平洋)

④「豊か大きい」(例:太陽)

⑤「初め」(例:太祖、太郎)

⑥「尊い(地位・身分極め高い)添える」(例:太公、太閤)

⑦「太い」(例:丸太)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「両手両足を伸びやかにした」の象形

(「大きい」の意味)と「2の横線」(「2にする」の意味)から

大きいにも大きい」すなわち「ふとい」を意味する「太」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「タイ」、「」、「

訓読み:「ふと(い)」、「ふと(る)

常用漢字表外:「はなは(だ)」、「いた(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
うず」、「おう」、「しろ」、「だい」、「たか」、「」、
ひろ」、「ふとし」、「ます」、「」、「もと

画数

4画

部首

大(だい、だいかんむり(大冠)、だいがしら(大頭))

「大」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る