漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「極」という漢字
「極」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「極」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「きわまる

 ア:「尽きる」、「終わる」、「やむ

 イ:「詰まる」、「なすすべがなくなる

②「きわめる

 ア:「尽くす

 イ:「最後まで至る

③「きわみ

 ア:「果て」、「終わり

 イ:「の最高・最上

④「きわめて(非常に)

⑤「最高の位」、「天子の位」(例:登極)

⑥「根本」、「万物の根源」(例:太極)

⑦「本体

⑧「北極星

⑨「地軸の両端」(例:北極、南極)

⑩「磁石の両端」(例:磁極)

⑪「陰陽両電気の出入りする所」
  (例:電極)

⑫「むね(棟)」(屋根の最も高い所。二つの屋根面が接合する部分)

日本のみで用いられる意味

⑬「きわめ(書画・刀剣・道具などの目きき、鑑定)

⑭「きめる(取り定める)

⑮「きめ(きまり、決定、約束)

[究・窮・極の使い分け]

」・・・「最後まで調べあげる。
     (例:真相を究める)

」・・・「可能な限度まで進む
     (例:困難を窮める)

」・・・「これより先はないというところまで行き着く。
      (例:頂上を極める)

実際には、「窮」と「極」については、特に分けず、両方を用いている。

成り立ち

会意兼形声文字です(+亟)。「大地を覆う」の象形と「上下の枠の

象形と口の象形と人の象形と手の象形
」(口や手を使って「問いつめる

の意味)から屋根の最も高い所・二つの屋根面が接合する部分

棟(むね)」、「きわみ」を意味する「極」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「キョク」、「ゴク

訓読み:「きわ(み)」、「きわ(まる)」、「きわ(める)

常用漢字表外:「き(まる)」、「き(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いたる」、「きわむ」、「きわめ」、「たか」、「なか」、「むね

画数

12画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る