漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「豊/豐」という漢字
「豊/豐」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「豊」は小学5年生で習います。「豐」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(豊)
意味

「豊/豐」

①「ゆたか(とよ)

 ア:「穀物がたくさん実る(実を結ぶ)」(例:豊作)

 イ:「多い」、「多くそなえている」、「たくさんある」(例:豊満)

②「ゆたかにする

③「大きな、たかつき(頭がふくらみ脚が長い食器)

④「さかずき(酒を飲むのに使う小さな器)の台

⑤「易の六十四卦の1つ。盛大な象(かたち)

⑥「周の文王の旧都。陝西省西安市の西北。豊都

日本のみで用いられる意味

⑦「とよ(他の語の上につけて、大いに(たくさん)ほめるの意味を表す)
  (例:豊葦原(とよあしわら))

「豊」

⑧「たかつき

⑨「礼(禮)の古字(昔、使われた文字)

成り立ち

「豐」

会意兼形声文字です(丰+丰+)。「が茂っている」象形と「頭が

ふくらみ脚が長い食器(たかつき)
」の象形から、ゆたかに盛られた、

たかつきを意味し、そこから、「ゆたか」を意味する「豊」という漢字が

成り立ちました。

※「豊」は「豐」の略字です。

※「豐」は「豊」の旧字(以前に使われていた)です。

「豊」

象形文字です。「甘酒を盛るのたかつき」の象形から、「たかつき

を意味する「豊」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ホウ

訓読み:「ゆた(か)

常用漢字表外:「とよ

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あつ」、「」、「かた」、「」、「」、「とし」、「のぼる」、「ひろ」、
ひろし」、「ぶん」、「みのる」、「もり」、「ゆたか」、「よし

画数

13画」(豊)

18画」(豐)

部首

豆(まめ、まめへん(豆偏))

「豆」を含む漢字一覧

書き順・書き方(豊)
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る