漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「多」という漢字
「多」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「多」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「おおい」(反意語:)

 ア:「がたくさんある。た。」(例:北海道はが多い、多)

 イ:「が何度も起こる」(例:事件が多い地域)

 ウ:「全体の占めている割合が大きい」(例:女性に多い病気)

②「おおく

 ア:「たくさん。たくさんの」(例:多くはまない)

 イ:「大部分」(例:ファンの多くは女性だ)

 ウ:「普通」、「一般には」、「たいてい」、「大体
   (例:初心者が多く犯すミス)

③「おおくする(増やす)

④「褒める

⑤「たとする

 ア:「価値の高いものと認める

 イ:「ありがたく思う

 ウ:「勝(まさ)っていると思う

⑥「まさに・まさしく(ある確かな事実であるさま)

⑦「勝(まさ)る

⑧「重んじる(価値のあるものとしてく見る)

成り立ち

会意文字です(+)。「った、または、半月」の象形から、

が「おおい」を意味する「多」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:「おお(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おうし」、「おおの」、「かず」、「ただ」、
とみ」、「」、「なお」、「まさ」、「まさる

画数

6画

部首

夕(た、ゆう、ゆうべ)

「夕」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る