漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「雪」という漢字
「雪」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「雪」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ゆき

 ア:「で水蒸気が冷えて、となってってくる白い。また、
    それが積もった。せつ。
」(例:雪が積もる、積雪)

 イ:「白い例え言う。せつ。」(例:雪のような肌、雪膚)

 ウ:「芝居で、雪に見立ててらせる白いの切れ端

 エ:「紋所(家々で定めている紋章)の名前。「ア」のをしている

 オ:「タラ(タラタラの総称)(室町初期ごろから、天皇が
    働くが、く衣食にして用いた言葉)


 キ:「カブ、大根(だいこん)(室町初期ごろから、天皇が
    働くが、く衣食にして用いた言葉)


②「雪が降る

③「注(そそ)ぐ

④「濯(すす)ぐ(清める)」(例:雪辱)

⑤「拭(ぬぐ)う」、「除く

⑥「清い

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。甲骨文では「雪片」の象形(「ゆき」の意味)

でしたが、に「から水滴が滴(したた)落ちる」象形(「」の

意味)と「先端を揃(そろ)えたほうきをにする」象形(「ほうきで

清める
」の意味)から、「清める」、「ゆき」を意味する

「雪」という漢字が成り立ちました。また、「毳(セイ=セツ)」に通じ

ほそく細かい」の意味もします。)


読み

音読み:「セツ

常用漢字表外:「セチ

訓読み:「ゆき

常用漢字表外:「すす(ぐ)」、「そそ(ぐ)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「きよ」、「きよみ」、「きよむ

画数

11画

部首

雨・⻗(あめ、あめかんむり(雨冠)、あまかんむり(雨冠))

「雨・⻗」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る