漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「科」という漢字
「科」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「科」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「

 ア:「物事を種類・特徴によって分ける
    分類された部門のつ。
」(例:科目、学科)

 イ:「事柄によっていくつかに分けて書き並べたもの」(例:科目)

 ウ:「のり(法律、規範(手本)、おきて、決まり、法則、制度)
   (例:科禁、科条)

 エ:「を区分した法律を箇条書きにした。また、それで
    決める
」(例:罪科、前科)

 オ:「中国で、官吏(中国の役人(公務員))登用試験の項目。
    また、その試験。
」(例:科挙)

 カ:「俳優(役者)の動作(しぐさ)」(例:科白)

 キ:「等級(上下・優劣の順位を表す段階。。)」(例:科第)

 ク:「物事を種類・特徴によって分ける」、「割り当てる

 ケ:「生物を分類する単位」(例:ネコ科の動物)

 コ:「とが(過ち、間違い、失敗、)」(例:罪科)

②「かする(刑罰を与える、罰金を支払わせる)」(例:罰金を科する)

③「しな(ちょっとした媚 (こび-の気に入るように振る舞う、異性を
  きつけるような魅力的な態度を取る) をんだ身ぶりやしぐさ
  をする
」(例:科を作る)

④「」、「窪(くぼ)み

⑤「うつろ()」、「むなしい()

[科・課の使い分け](かする)

」・・・「刑罰としてを支払わせたり、労働させたりする
     (例:罰金10を科する)

」・・・「義務として割り当てる」(例:租税を課する)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「の先端に垂(た)れ

かかる穀物
」の象形(「」の意味)と「をはかるのある、

ひしゃく
」の象形から、をはかるを意味し、そこから、

区分、等級」を意味する「科」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「しな」、「とが」、「あな

名前(音読み・訓読み以外の読み):「もと

画数

9画

部首

禾(のぎ、のぎへん(ノ木偏))

「禾」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る