漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「課」という漢字
「課」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「課」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「試みる」、「試す

②「計る(ある基準を基にして物の長さ・量・重さなどを調べる)

③「官史(国家機関に勤務する者)の任用試験

④「公務員・会社員の勤務評定」(例:考課)

⑤「割り当てる」、「割り当てて義務を負わせる」、「割り当て

 ア:「仕事を割り当てる

 イ:「割り当てられた仕事」(例:日課)

 ウ:「税を割り当てる」、「税金」(例:課税)

日本のみで用いられる意味

カ(役所・会社などの内部組織の区分けの1つ)」(例:総務課)

[科・課の使い分け](カする)

」・・・「刑罰として金を支払わせたり、労働させたりする。
     (例:罰金10万円を科する)

」・・・「義務として割り当てる。」(例:租税を課する)

成り立ち

形声文字です(+)。「取っ手のある刃物の象形と口の象形

(「(つつしんで)言う」の意味)と「木に実がなる」象形(「木の実」の

意味だが、ここでは、「科(カ)」に通じ(「科」と同じ意味を持つように

なって)、「区分する」の意味)から、計画的に仕事を区分し、わりあて、

その結果をはかるを意味し、そこから、「はかる」、「わりあてる

を意味する「課」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「こころ(みる)」、「はか(る)」、「わりあ(てる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

15画

部首

言(ごんべん(言偏)、げん、ことば(言葉))

「言」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る