漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「果」という漢字
「果」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「果」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「くだもの」、「木の実」(例:果実)

②「はて(終わり)」、「できばえ」、「仕上がり」(例:結果)

③「はたす(成し遂げる)

④「思い切りがよい」、「勇ましい(に対してひるむことなく積極的に
  向かって行くさま)


⑤「はたして(思った通り)

⑥「果ては(ついには、終わりには)

⑦「むくい(ある行為の結果として身にはね返ってくる柄)

日本のみで用いられる意味

⑧「はてる

 ア:「終わる」、「行きつく」、「限界に達する

 イ:「死ぬ

成り立ち

象形文字です。「木に実のなる」象形から「木の実」を意味する「果」という

漢字が成り立ちました。じて(派生して・新しい意味がかれて)、

なしとげる」の意味も表すようになりました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「

訓読み:「は(たす)」、「は(てる)」、「は(て)

常用漢字表外:「おお(せる)」、「くだもの」、「はか

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あきら」、「はた」、「はたす」、「まさる

画数

8画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る