漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「垂」という漢字
「垂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「垂」は小学6年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ほとり(はずれ)」、「辺境(中央から遠く離れた地帯」、「国境」、
  「はし(端)」、「ふち」(例:四垂、辺垂)

②「たれる

 ア:「ひと続きのものの端が下の方へ低く、力なく下がる」(例:下垂)

 イ:「水などが何かをつたって少しずつ落ちる

 ウ:「(がそうなった理由をよくわかるように教え)後世に
    伝える
」(例:垂統)

③「たらす

 ア:「ひと続きのものの端を下げる

 イ:「液体などを少しずつ流し落とす」(例:垂涎)

④「なんなんとす(もう少しで~になろうとする、
  ほとんど~である)
」(例:垂死)

日本のみで用いられる意味

⑤「しで(しめ縄・玉串などにつけて垂れ下げる紙)

成り立ち

会意兼形声文字です。「の花や葉の長く垂れ下がる」象形と

土地の祭る固め」の象形から、「大地の

果ての遠くに垂れ下がった辺地(都会から離れた土地)
」を意味

する「垂」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「スイ

訓読み:「た(らす)」、「た(れる)

常用漢字表外:「しだ(れる)」、「しで」、「なんなん(とする)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
しげる」、「」、「たり」、「たる」、「たれ

画数

8画

部首

①「丿(の、のかんむり(ノ冠)、のはらいぼう(ノ払棒)、はらいぼう(払棒)、へつ)

「丿」を含む漢字一覧

②「土(つち、つちへん(土偏))

「土」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る