漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「天」という漢字
「天」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「天」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「てん

 ア:「地上をってがる無限の空間(、あめ、あま)

 イ:「万物(宇宙に存在するすべての)の支配者」(例:天の助け)

 ウ:「キリスト教で、のいる」(例:天国)

 エ:「・荷物などのの部分

 オ:「「天・」と段階に分けたときの、

 カ:「の最初」(例:天から)

 キ:「太陽、地球など宇宙に存在する物体の総称」(例:天体)

 ク:「太陽

 ケ:「自然

 コ:「君主(治める)」(例:天子)

 サ:「季節」、「気候」(例:天候)

 シ:「」、「

 ス:「ある特定の」(例:今天、明天)

 セ:「運命」、「わせ」(例:天運)

 ソ:「まれつき」(例:天才)

 タ:「世の中」、「そのかれた状況

 チ:「太陽の

 ツ:「仏教で、六道 (ろくどう)のうち、人間界よりの世界。天上界

 テ:「仏教で、天上界にいるやその一族

※六道とは、生命を持つすべてのものが、の行為によって
  赴くの世界のいます。

成り立ち

指事文字です。「大きく強調してした文字」から

うえ・そら」を意味する「天」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「テン

訓読み:「あめ」、「あま

名前(音読み・訓読み以外の読み):
かみ」、「そら」、「たか」、「たかし

画数

4画

部首

大(だい、だいかんむり(大冠)、だいがしら(大頭))

「大」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る