漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「目」という漢字
「目」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「目」は小学1年生で習います。「目」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「」(同意語:)

 ア:「見る働きをする器官」、「眼球

 イ:「見るときの目の様子

 ウ:「見る能力(視力)

 エ:「見ること」、「見えること

 オ:「注意して見る

 カ:「の印象。外観。」(例:見た目がよい)

 キ:「体験」(例:ひどい目に合う)

 ク:「の中心」(例:台風の目)

 ケ:「などがわってできるすきま」(例:網の目)

 コ:「サイコロのにつけられたからまでの。また、
    げたれたその


 サ:「囲碁で、んである空点

 シ:「物差し・はかりなどに数量を示すためにけたしるし

 ス:「はかり・などではかった重さ

 セ:「木材の切り口に現れる年輪の

 ソ:「器物・衣服などの表面に装飾された図形または、
    家々で定めている図柄の名前


 タ:「表すに付いて、その順序にあたる意味を表す
   (例:3番目)

 チ:「その状態にあること、また、その状態にあるところを表す
   (例:落ち目)

 ツ:「そのような性質や傾向をもっている意味を表す」(例:長目)

 テ:「表すいて、(もんめ) の意味を表す

 ト:「目玉のをしている

②「目で合図する

③「名付ける

④「分類する

⑤「かなめ(ある物事のも大切な部分)

⑥「箇条(事柄によっていくつかに分けて並べたものの)

⑦「書物や作品などの題名

⑧「品定め(優れているかどうかや良い悪いかをなどを
  評価すること)


⑨「かしら(に立つ)

⑩「場合」、「境遇」、「巡り合わせ

[目・眼の使い分け](め)

」・・・「日常生活の中で使われる場合が多い
      (例:台風の目、見た目)

」・・・「医学・生物学など専門的な用語として使われる場合
      が多い
」(例:眼科、選手眼、眼が鋭い)

成り立ち

象形文字です。「の目」の象形から「」という漢字が成り立ちました。

の目のを90度回転させれば、「目」という漢字になりますね。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「モク」、「ボク

訓読み:「」、「

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あき」、「あきら」、「」、「より

画数

5画

部首

目(め、めへん(目偏))

「目」を含む漢字一覧

部首解説:
「目」をもとにして、目の動きや状態、見ることなどに関係する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る