漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「並/竝」という漢字
「並/竝」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「並」は小学6年生で習います。「竝」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「ならぶ

 ア:「列などをつくって位置する」、「連なる

 イ:「一緒になる

 ウ:「力の程度に優劣がなく、対等である」、「等しい

②「ならべる

 ア:「列などをつくって置く」、「隣あわせに置く

 イ:「一緒にする

 ウ:「隣に置いて、優劣を比べる

 エ:「いくつも、また色々なものを次々と置く

 オ:「次々といくつもあげて言う

 カ:「時間的に続ける・連続させる

③「ならびに(前後二つの柄をつなぐのに用いる語。および。また。)

④「ともに」、「みな(全員)

⑤「ならび(列)

⑥「寄る」、「近づく

日本のみで用いられる意味

⑦「なみ

 ア:「普通」、「良くも悪くもない

 イ:「接尾語(~ごと、それぞれ)」(例:軒並み)

成り立ち

会意文字です(+)。「並び立つ」の象形から「ならぶ」を意味する

「並」という漢字が成り立ちました。

※「並」は「竝」の略字です。

※「竝」は「並」の旧字(以前に使われていた)です。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「ヘイ

常用漢字表外:(竝のみ)
ビョウ(ビャウ)」、「ホウ(ハウ)」、「ボウ(バウ)

訓読み:「なみ」、「なら(びに)」、「なら(ぶ)」、「なら(べる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「なめ」、「ならぶ」、「」、「みつ

画数

8画」(並)

10画」(竝)

部首

「並」の部首
一(いち)」、「一」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る