漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「冷」という漢字
「冷」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「冷」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ひえる(つめたくなる)

②「ひやす(つめたくする)

③「さめる(熱せられたものの温度が下がる)

④「さます(つめたくする)

⑤「つめたい」、「ひややか

 ア:「寒い」、「涼しい

 イ:「ぞっとする」、「ひんやりする」

 ウ:「ひやかす(相手をらせたり、らせたり、恥ずかしがらせたり
    するようなを、ったりしたりして面白がる。からかう。
    ばかにする。)


 エ:「情が薄い」(例:電話対応が冷たい)

⑥「清い」、「すがすがしい」(例:清冷)

⑦「落ちぶれる」、「おとろえる

日本のみで用いられる意味

⑧「ひや(つめたい飲食物)」(例:ひや飯)

⑨「ひえ

 ア:「気温が下がる

 イ:「身体がひえる

成り立ち

会意兼形声文字です(冫+)。「氷の結晶」の象形と「頭上に頂く

冠の象形
」と「ひざまずく人」の象形(「神意を聞いて、すがすがしい

の意味)から、すがすがしい氷を意味し、そこから、「ひえる・つめたい

を意味する「冷」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「レイ

訓読み:「つめ(たい)」、「ひ(える)」、「ひ(や)」、「ひ(やす)」、
     「ひ(やかす)」、「さ(める)」、「さ(ます)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「きよ」、「すず」、「すずし

画数

7画

部首

冫(にすい(二水))

「冫」を含む漢字一覧

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「」、「

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る