漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「寒」という漢字
「寒」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「寒」は小学3年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「さむい

 ア:「温度のくて感じがする」(例:は寒い)

 イ:「感じがする、温度が低い

 ウ:「恐ろしさなどで震え上がる」(例:背筋が寒くなる)

 エ:「寂しい気持ちになる」(例:冷たい返事にが寒くなる)

 オ:「内容・中身が十分でない」(例:お寒い始末書)

 カ:「面白くない」(例:寒いジョーク)

 キ:「金銭が不足している」(例:が寒い)

②「冷たい」、「さむさ(さむいこと)」(例:厳寒)

③「おののく(恐ろしさ・寒さ・興奮に、震える)」、
  「ぞっとする」、「恐れる

④「凍(こご)える」、「冷える

⑤「冷やす」、「冷たくする

⑥「貧しい」、「卑(いや)しい」、「身分が低い」(例:貧寒)

⑦「寂しい」、「さむざむとした」(例:寒山)

⑧「二十四節気の小寒と大寒の時期。で寒の入りから立春まで
   の。16から24までの30


※二十四節気とは、季節を正し示すいたで、
  二十四し、それぞれに季節の名称を与えた。

⑨「苦しい」、「苦しむ」、「悩む

成り立ち

会意文字です。「家屋・屋根」の象形と「」の象形と「枯れ」の

象形と「」の象形から、寒さ凍え枯れをまるくする

すなわち「こごえる・さむい」を意味する「寒」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「カン

訓読み:「さむ(い)

常用漢字表外:「いや(しい)」、「さび(しい)」、「まず(しい)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ふゆ

画数

12画

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る