漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「寂」という漢字
「寂」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「寂」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「さびしい

 ア:「心が満たされず物足りない気持ちである

 イ:「仲間や相手になるがいなくて不安である

 ウ:「人の気配がなくてひっそりとしている」、「しずか」(例:静寂)

②「安らか(穏やか(静か)で変わったがないさま)

③「死を言う特に僧(仏教を開いた釈迦の教えである、いつどんな時
  にも変わるのない、正しいの道筋を自分のものにするに、
  修行を行う人)が死ぬこと
」(仏教語)

④「煩悩(人間の心身の苦しみを生み出す精神(心)の働き。欲望・
  怒り・悲しみ等)をなくして正しいの道筋を自分のものにする
  (悟りを開く)
」(仏教語)

日本のみで用いられる意味

⑤「さび(ひっそりとしていて(静かで)自然と作り出されるいい雰囲気)

⑥「さびれる

 ア:「活気がなくなってひっそりとしている

 イ:「勢いが弱くなる

 ウ:「景気が悪くなる

成り立ち

形声文字です(宀+)。「屋根・家屋」の象形と「枝のついている豆」の象形

(「豆」の意味だが、ここでは、「弔」に通じ(「弔」と同じ意味を持つように

なって)、「いたみあわれむ(かわいそうに思う)」の意味)と「右手」の象形

から、屋内がいたましく「さびしい」を意味する「寂」という漢字が

成り立ちました。


読み

音読み:「セキ」、「ジャク

訓読み:「さび」、「さび(しい)」、「さび(れる)

常用漢字表外:「さ(びる)」、「しず(か)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ちか」、「やす

画数

11画

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る