漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「悩/惱」という漢字
「悩/惱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「悩」は中学生で習います。「惱」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「なやむ

 ア:「どうすればよいかわからなくて苦しむ」、「解決・対処・処理方法
    がわからなくて苦しむ
」(例:苦悩)

 イ:「身体の痛みや病気などで苦しむ」(例:原因不明の頭痛に悩む)

 ウ:「その動作が思うように進まない意味を表す」(例:伸び悩む)

②「なやます(思い迷わせる、苦しめる)

③「なやみ

 ア:「心の苦しみ

 イ:「病気

④「人間の欲(食欲・睡眠欲・性欲)などによって起こる心の苦しみ」(例:煩悩)

日本のみで用いられる意味

⑤「ノウ(病気)」(例:御悩)

成り立ち

会意兼形声文字です(忄()+巛+囟)。「心臓」の象形と「髪の象形と

乳児の頭蓋骨の象形
」(「あたま」の意味)から、心や頭にかかわるもの、

すなわち、「なやみ」、「なやむ」を意味する「悩」という漢字が成り立ちました。

※「悩」は「惱」の略字です。

※「惱」は「悩」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「ノウ

常用漢字表外:「ドウ

訓読み:「なや(ます)」、「なや(む)

常用漢字表外:「なや(み)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

10画」(悩)

12画」(惱)

部首

忄(りっしんべん(立心偏))

「忄」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る