漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「清/淸」という漢字
「清/淸」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「清」は小学4年生で習います。「淸」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(清)
意味

①「きよい」、「きよらか

 ア:「水が澄んでいる」(例:清水)

 イ:「にごりや汚れがない」(例:清潔)

 ウ:「明らか

 エ:「鮮やか

 オ:「心や行いにけがれがない」、「邪念(悪意)がない」(例:清貧)

 カ:「さっぱりして気分がいい」、「さわやか」、「すがすがしい
   (例:清涼、清新)

 キ:「損得を考えたり、かけひきしたりする気持ちがない

②「きよめる」、「きれいに整理する」(例:粛清、清算)

③「澄む」、「澄み渡る

④「すます

 ア:「にごりやけがれを取り去る

 イ:「明らかにする

⑤「涼しい」、「ひややか」、「寒い

⑥「名詞に冠し、高い・貴い・優れているの意味を表す」(例:清門)

⑦「静か」、「穏やか」、「やわらぐ

⑧「厳しい

⑨「シン(王朝の名前。愛新覚羅(あいしんかくら)が、明(みん)を
  滅ぼし建てた国。1644年-1911年まで続いた。)


成り立ち

会意兼形声文字です(氵()+())。「流れる」の象形と「

が地上に生じてきた象形(「青い草が生える」の意味)と井げた中の染料の

象形(「井げたの中の染料(着色料)」の意味)
」(「青くすみきる」の

意味)から、水がよく「澄んでいる・きよい」を意味する「清」という

漢字が成り立ちました。

※「淸」は「清」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セイ」、「ショウ(シャウ)

常用漢字表外:「シン

訓読み:「きよ(い)」、「きよ(まる)」、「きよ(める)」

常用漢字表外:「さや(か)」、「す(む)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「きよし」、「すが」、「すみ」、「すむ」、「

画数

11画」(清・淸)

部首

氵(さんずい(三水))

「氵」を含む漢字一覧

書き順・書き方(清)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る