漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「青/靑」という漢字
「青/靑」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「青」は小学1年生で習います。「靑」は常用漢字外です。
「青/靑」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順(青)
意味

①「あお

 ア:「よく晴れた日中の
    三原色(割合を変えて混合すれば、全て表す
    できる基本となるつの)のつ。は、
    せい。
」(例:青い空、青天)

 イ:「で、「ア」の混じった艶(つや)のある
    また、その
」(例:青馬)

 ウ:「白い」(例:青馬)

 エ:「信号が「ア」の」(例:青はめ)

 オ:「「ア」の短冊に牡丹(ぼたん)・・ 紅葉が それぞれ
    合わされてかれた
」(例:青短)

 カ:「若い。未熟。せい。」(例:青くさい、青二才、青春)

②「」(例:青竜)

③「」、「文字を記す。記録。書籍。」(例:青史)

④「古代、九州(中国全域の総称)のつ。の山東省から、
  遼寧省(りょうねいしょう)にかけての
」(例:青州)

※五行思想では、にあてる。

五行とは、言う。また、五行思想とは、
  すべてのものはから成り立っているとした古代、
  中国の思想の

[青・蒼・碧・藍の使い分け](あお)

」・・・「よく晴れた日中の
     (例:青い)

」・・・「のような青。青黒い。血の気のない
     (例:い)

」・・・「美し輝くのような。サファイアの
     (例:サファイアが輝く)

」・・・「暗い。タデの一年草のかられる染料の
     (例:衣服を染める)

成り立ち

会意兼形声文字です。「が地上にじてきた」象形(「青い生える

の意味)と「井げたの染料(着色料)」の象形(「井げたのの染料

の意味)から、青い草色の染料を意味し、そこから、「あおい」を意味する

「青」という漢字が成り立ちました。

※「靑」は「青」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セイ」、「ショウ(シャウ)

訓読み:「あお」、「あお(い)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「」、「きよ」、「はる

画数

8画」(青・靑)

部首

青・靑(あお)

「青・靑」を含む漢字一覧

部首解説:
「青・靑」をもとにして、「青い」、「青く澄み切る(濁り曇りもなく
んでいる)」の意味を含む漢字ができている。

合わせてチェックしてみよう
」、「」、「」、「

書き順(青)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る