漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「毛」という漢字
「毛」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「毛」は小学2年生で習います。「毛」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「

 ア:「生物の生えているのようにくて長い。もう。
   (例:の毛、の毛、タンポポの毛、毛髪)

 イ:「のようにくて長い」(例:ブラシの毛)

 ウ:「非常にわずかな例えるのに用いる。もう。
   (例:そんなは毛ほどもない、毛頭)

 エ:「果実の表面にずるのようにくて長い

 オ:「鎧の札(さね-細長い小板)をびあわせる

 カ:「農作物。特に実り。もう。」(例:作毛)

 キ:「(うろこ-って保護する硬いかけら)。
    特に鯉(こい)


②「」(例:毛羽)

③「の「①-ア」がついたままの」(例:毛衣)

④「生まれ育つ」(例:不毛)

⑤「植物の総称

⑥「「①-ア」が同一色の生贄(いけにえ-や動物を生きたまま
  供える。また、その供え物。)


⑦「頭髪ので老壮を判断し席次(座席の順番)を定める

老荘とは、老子と荘子が主張した思想(考え)で、無為自然
 (すべて人間の思うようにはならない、無理に
 加えるはせず、あるがままに任せる)の大切さを説明した。

⑧「軽い」、「細かい」(例:毛細血管)

⑨「長さの単位。1(30.3cm)の1000の1。

⑩「重さの単位。1(3.75グラム)の1000の1。

⑪「貨幣の単位。1の10000の1。1の100の1。

⑫「割合の単位。1の1000の1、1の10の1。

⑬「毛野 (けの) 国(現在の群馬県と栃木県南部)の

※毛野国とは、日本の古墳時代(3世紀中頃-7世紀)に
  群馬県と栃木県南部をした地域名称の1つ。


成り立ち

象形文字です。「けの生えている」象形から「」を意味する

「毛」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「モウ

常用漢字表外:「ボウ」、「

訓読み:「

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あつ

画数

4画

部首

毛(け)

「毛」を含む漢字一覧

部首解説:
「毛」をもとにして、毛、毛でられたなどに関する漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る