漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「実/實」という漢字
「実/實」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「実」は小学3年生で習います。「實」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(実)
意味

①「みちる

 ア「一杯になる」、「充実する

 イ:「栄え」、「盛ん

 ウ:「そなわる」、「足りる」、「富む

 エ:「伸び」、「育つ

②「みたす

 ア:「一杯にする

 イ:「盛る

 ウ:「実行する

③「みのる」(同意語:)

 ア:「や穀物などが実を結ぶ」、「実が食べたりするのに、
    ちょうどよい時期になる


 イ:「努力したによって、成果があがる

④「みのり(みのること)

⑤「

 ア:「種子植物(種で増える植物)の花の子房(雌しべの
    膨らんで袋のようになっている部分)が発達・変化
    したもの。中に種を含む。


 ア-1:「くだもの(食用となるもので、多くの液を含み、甘い物)」(例:果実)

 ア-2:「穀物(人間が毎日のように食べるもの。米、麦など)

 ア-3:「種(たね)

 ア-4:「種と種を覆う外皮

 カ:「中身」(例:実質)

 キ:「たち」、「素質」、「本質

⑥「とみ(富)(財産・宝)

⑦「まこと

 ア:「真心(真実の心)」(例:誠実)

 イ:「本当」(例:真実)

⑧「まことに」、「じつに」、「げに(本当に)

日本のみで用いられる意味

⑨「ジツ(親切な心)」

成り立ち

会意文字です(宀++)。「屋根・家屋」の象形と「方形の箱に彫刻が

いちめんに施された
」象形(「ゆきわたる」の意味)と「子安貝」の象形

から屋内に財貨が「ゆきわたる・みちる」を意味する「実」という漢字が

成り立ちました。

※「実」は「實」の略字です。

※「實」は「実」の旧字(以前に使われていた)です。)

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジツ

訓読み:「」、「みの(る)

常用漢字表外:「さね」、「まこと」、「まめ」、「み(ちる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
これ」、「ざね」、「ちか」、「つね」、「なお」、「のり」、
」、「みつ」、「みのる」、「みる」、「よし

画数

8画」(実)

14画」(實)

部首

宀(うかんむり(ウ冠))

「宀」を含む漢字一覧

書き順(実)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る