漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「栄/榮」という漢字
「栄/榮」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「栄」は小学4年生で習います。「榮」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(栄)
意味

①「さかえる」、「はえる」(反意語:枯)

 ア:「がさかんに茂る

 イ:「勢いが盛んになる」、「活気がある」、「繁栄する
   (例:東京は人が多く栄えている)

 ウ:「名声(良い評判)があがる

 エ:「輝く

②「さかえ」、「はえ

 ア:「がさかんに茂る

 イ:「勢いが盛んになる」、「活気がある」(例:繁栄)

 ウ:「名誉」、「名声」(例:栄誉、光栄)

 エ:「」、「輝き

③「」、「草花が咲く

[栄・映の使い分け](はえる・はえ)

」・・・「名誉・栄光に関するもの。
     (例:出来栄え栄えのある優勝)

」・・・「光を受けて美しい、調和して美しい
     (例:朝日に映える、彼にはスーツが映える)

成り立ち

象形文字です。「燃える火(たいまつ)をわせて立てた」象形で、

さかんに輝くさまから、「さかえる」を意味する「栄」という漢字が成り立ちました。

※「栄」は「榮」の略字です。

※「榮」は「栄」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちをもっと詳しく!!

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。その漢字が成り立った経緯歴史背景ものすごく
細かく記載
されていて感動しますよ。また、漢字が誕生した
当時の様子をイメージできるアニメ絵もあり
、とてもわかり
やすかったです。漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足
の資料
となっております。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって感動/大満足
【漢字の謎 解明講座】の無料資料申込はこちら




読み

音読み:「エイ

訓読み:「さか(える)」、「は(え)」、「は(える)

常用漢字表外:「は(やす)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「さかえ」、「さこう」、「しげ」、「しげる」、「たか」、
てる」、「とも」、「なが」、「はる」、「ひさ」、「ひさし」、
ひで」、「ひろ」、「まさ」、「よし

画数

9画」(栄)

14画」(榮)

部首

「栄」の部首
①「⺍(つ、つかんむり)

「⺍」を含む漢字一覧

②「木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

「榮」の部首
木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方(栄)
当サイトのオススメコンテンツ

いつもOK辞典をご利用頂きありがとうございます。

OK辞典運営者の岡島正尚です。OK辞典は現在、

名前に使える漢字2,998字(常用漢字+人名用漢字)

すべてを網羅した漢字辞典となっております。今まで、

この辞書作成に数千時間という時間をかけてきました。

部首一覧象形文字一覧指事文字一覧会意文字一覧

会意兼形声文字一覧形声文字一覧旧漢字・新漢字一覧

漢字の成り立ちの歴史漢字の成り立ちの種類は当サイトの

オススメコンテンツとなっております。ぜひ、ご覧になってみて下さい。

また、漢字と関わりの深い日本語の魅力を外国の人に伝える

【日本語教師】
に関する資料も無料でもらってみて下さい。日本で

暮らす外国人や世界中の人々に、日本語の歴史や魅力日本文化

の素晴らしさ
を伝えていくのはとても楽しいですし、色々な外国の人と

触れ合いながら、人生観や考え方の違い/新しい発見/驚き/興奮/

感動を日々、体験できる非常にやりがいのある仕事です。

日本語教師の魅力や学習内容・体験談・就職先等が20ページ以上

にわたり記載された非常に詳しくてわかりやすくて貴重な

資料が無料でもらえます
ので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒今、大人気の【日本語教師入門講座】
の無料資料申し込みはこちら



漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る