漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「栄/榮」という漢字
「栄/榮」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「栄」は小学4年生で習います。「榮」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(栄)
意味

①「さかえる」、「はえる」(反意語:枯)

 ア:「がさかんに茂る

 イ:「勢いが盛んになる」、「活気がある」、「繁栄する
   (例:東京は人が多く栄えている)

 ウ:「名声(良い評判)があがる

 エ:「輝く

②「さかえ」、「はえ

 ア:「がさかんに茂る

 イ:「勢いが盛んになる」、「活気がある」(例:繁栄)

 ウ:「名誉」、「名声」(例:栄誉、光栄)

 エ:「」、「輝き

③「」、「草花が咲く

[栄・映の使い分け](はえる・はえ)

」・・・「名誉・栄光に関するもの。
     (例:出来栄え栄えのある優勝)

」・・・「光を受けて美しい、調和して美しい
     (例:朝日に映える、彼にはスーツが映える)

成り立ち

象形文字です。「燃える火(たいまつ)をわせて立てた」象形で、

さかんに輝くさまから、「さかえる」を意味する「栄」という漢字が成り立ちました。

※「栄」は「榮」の略字です。

※「榮」は「栄」の旧字(以前に使われていた)です。


読み

音読み:「エイ

訓読み:「さか(える)」、「は(え)」、「は(える)

常用漢字表外:「は(やす)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「さかえ」、「さこう」、「しげ」、「しげる」、「たか」、
てる」、「とも」、「なが」、「はる」、「ひさ」、「ひさし」、
ひで」、「ひろ」、「まさ」、「よし

画数

9画」(栄)

14画」(榮)

部首

「栄」の部首
①「⺍(つ、つかんむり)

「⺍」を含む漢字一覧

②「木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

「榮」の部首
木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方(栄)
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

他人からも《キレイな字だね》って褒められて、
すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、今すぐ、資料請求してみて下さい。

≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る