漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「周」という漢字
「周」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「周」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あまねし(すみずみまで広く行き渡るさま)」(例:周知)

②「手落ちがない」(例:周到)

③「めぐる」、「一回りする」(例:一周)

④「まわり」、「周囲」(例:円周)

⑤「至る

⑥「誠実で親密である

⑦「王朝の名前

 ア:「殷の次の王朝で、武王が殷を滅ぼして、天下を統一した。
    紀元前1046年頃-紀元前256年


 イ:「南北朝時代の北朝の1つ。宇文覚の建てた国。556年-581年

 ウ:「五代十国の1つ。郭威の建てた国。951年-960年

⑧「国名。唐の高宗の皇后の則天武后が一時称した国号。690年-705年

※[週・周の使い分け](シュウ)

」・・・「週間の意味」(例:週末)

」・・・以外は、「周」を用いる。(例:十周年、周期)

※[周・回の使い分け](まわる)

」・・・「周囲。周辺」(例:池の周り)

」・・・以外すべて(例:車輪が回る、火が回る)

成り立ち

指事文字です。「方形の箱などの器物に彫刻が一面に施された」象形

から、「あまねく・ゆきわたる」を意味する「周」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「シュウ

常用漢字表外:「

訓読み:「まわ(り)

常用漢字表外:「あまね(く)」、「めぐ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いたる」、「かた」、「かぬ」、「かね」、「ただ」、「ちか」、
ちかし」、「なり」、「のり」、「ひろ」、「ひろし」、「まこと

画数

8画

部首

①「冂(けいがまえ(冏構・冋構)、まきがまえ(牧構)、
どうがまえ、えんがまえ、えながまえ)


「冂」を含む漢字一覧

②「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る