漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「周」という漢字
「周」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「周」は小学4年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あまねし(すみずみまで広く行き渡るさま)」(例:周知)

②「手落ちがない」(例:周到)

③「めぐる」、「一回りする」(例:一周)

④「まわり」、「周囲」(例:円周)

⑤「至る

⑥「誠実で親密である

⑦「王朝の名前

 ア:「殷の次の王朝で、武王が殷を滅ぼして、天下を統一した。
    紀元前1046年頃-紀元前256年


 イ:「南北朝時代の北朝の1つ。宇文覚の建てた国。556年-581年

 ウ:「五代十国の1つ。郭威の建てた国。951年-960年

⑧「国名。唐の高宗の皇后の則天武后が一時称した国号。690年-705年

※[週・周の使い分け](シュウ)

」・・・「週間の意味」(例:週末)

」・・・以外は、「周」を用いる。(例:十周年、周期)

※[周・回の使い分け](まわる)

」・・・「周囲。周辺」(例:池の周り)

」・・・以外すべて(例:車輪が回る、火が回る)

成り立ち

指事文字です。「方形の箱などの器物に彫刻が一面に施された」象形

から、「あまねく・ゆきわたる」を意味する「周」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「シュウ

常用漢字表外:「

訓読み:「まわ(り)

常用漢字表外:「あまね(く)」、「めぐ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
いたる」、「かた」、「かぬ」、「かね」、「ただ」、「ちか」、
ちかし」、「なり」、「のり」、「ひろ」、「ひろし」、「まこと

画数

8画

部首

①「冂(けいがまえ(冏構・冋構)、まきがまえ(牧構)、
どうがまえ、えんがまえ、えながまえ)


「冂」を含む漢字一覧

②「口(くち、くちへん(口偏))

「口」を含む漢字一覧

書き順・書き方
美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶん ペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツが細かく記載されている
ので、とても美しい漢字が書けるようになりました。

以前は、《字が読みづらい》と指摘される事も多かった
のですが、無料資料に書いてある内容を実践して
からは、《キレイな字だね》と褒められてるように
なり、すごく嬉しかった
です。

日本ペン習字研究会 会長:田中鳴舟先生が、

◇左右対称になる美しい漢字の書き方

◇バランスの良い漢字の書き方

◇美しい漢字を書く為の訓練法

非常に細かく解説してくれており、
それ(プロの教え)を実践したおかげだと強く感じました。

講座の受講は有料ですが、資料は無料
もらえるので、資料請求してみて下さい。

※資料請求には、氏名郵便番号
 住所電話番号の入力が必要です。


≪とても美しい漢字≫が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る