漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「細」という漢字
「細」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「細」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ほそい」(反意語:)

 ア:「周り(周囲)が小さい。さい。」(例:が細い、細腰)

 イ:「小さい。ぼそ。」(例:細いペン、極細)

 ウ:「小さい(小さにする、他人の意見を
    入れようとする気持ちがない)。さい。

    (例:神経が細い、繊細)

 エ:「少なく、勢い弱い」(例:が細い)

 オ:「小さい」、「弱々しい」(例:細い)

 カ:「の規模が小さい」、「栄えていない(勢いくない)

②「こまかい

 ア:「つのが非常に小さい。さい。」(例:細かい、細胞)

 イ:「金額が小さい」(例:一万円札を細かくする)

 ウ:「動き小さい」(例:を細かくわせる)

 エ:「小さいまでいている。さい。
   (例:が細かい。細工)

 オ:「詳しい。さい。」(例:細かく話す、詳細)

 カ:「取る足りない(上げるだけの価値がない、つまらない)。さい。
   (例:細かいを注意する、些細)

 キ:「金銭にしてうるさい。けちだ。」(例:に細かい)

 ク:「囲碁でどちらが勝つか微妙である(れない)

 ケ:「煩(わずら)わしい。さい。」(例:細かい説明、細砕)

 コ:「くだくだしい(同じことを何度もしたりしてになる)
   (例:細かい自慢)

③「身分が卑(いや)しい(低い)。また、その」(例:細民)

⑤「ほそる(ほそくなる)

 ア:「次第になどが小さくなる

 イ:「痩せ小さくなる」(例:細った)

 ウ:「勢い等がくなる」(例:が細る)

成り立ち

会意兼形声文字です(+田(囟)。「より糸」の象形(「」の意味)と、

乳児の蓋(ふた)が、まだつかない状態」の象形(「ひよめき

(乳児ののはちの、ぴくぴく動く)
」の意味)から、ひよめきのように微か

のように「ほそい」を意味する「細」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。漢字の面白さ
が無限に広がる、もらって大満足
の資料となっております。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】の
無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「サイ

訓読み:「ほそ(る)」、「ほそ(い)」、「こま(か)」、「こま(かい)

常用漢字表外:「くわ(しい)」、「ささ(やか)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「くわし

画数

11画

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る