漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「微」という漢字
「微」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「微」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「かすか

 ア:「うす暗くてはっきり見えないさま

 イ:「小さい」、「こまかい」(例:細微)

 ウ:「少ない」、「少し」、「わずか

 エ:「欠けている

 オ:「やっと感じ取れる程度であるさま

 カ:「わずかなお金でなんとか生活するさま
   (例:わずかな収入でかすかに日を送る)

②「おとろえる」、「落ちぶれる」(例:式微)

③「身分が低い」、「身なりや考え方や行動がしっかりできていない」(例:微賤)

④「ひそかに」、「こっそり」、「目立たないように」、「それとなく(遠回しに)

⑤「優れている」、「何とも言えないほど美しい」、「深い

⑥「あらず(そうではない、違う)

⑦「なかりせば(もしなかったならば)

⑧「病気の名前。足にできる、できもの・はれもの

⑨「小数の単位。一の百万分の一。

⑩「自分のを控え目に言う時に使う言葉。わずかの意味」(例:微力、微志)

成り立ち

会意兼形声文字です。「十字路の左半分」の象形(「道を行く」の意味)と

植物が芽を出し発芽した象形と植物の根の象形」(「もののはじめ・

先端
」の意味)と「ボクッという音を表す擬声語と右手の象形」(「手でうつ

の意味)から、「人目につかずに行く」、「かすか」、「わずか」を意味する

「微」という漢字が成り立ちました。


読み

音読み:「

訓読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「かす(か)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「いや」、「なし」、「まれ」、「よし


画数

13画

部首

彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

美しい漢字の書き方

100万人を超える指導実績を持つ
【がくぶんのペン字講座】無料資料には、
漢字を上手に書くコツがすごく細かく記載されており、
それを参考に漢字を書いてみると、ビックリするくらい
美しい漢字が書ける
ようになってすごい感動しました!

美しい字が書けるようになると、周りの人からも
褒められて、とても気持ちが良い
です!
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒美しい漢字が書けるようになる
【ペン字講座】の無料資料はこちら


漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る