漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「弱」という漢字
「弱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「弱」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「よわい」(反意語:強い)

 ア:「が劣っていて負ける。じゃく。
   (例:弱い、弱者)

 イ:「身体・が丈夫でない。すぐ風邪を引いたり、病気になったりする。
    じゃく。
」(例:が弱い、病弱)

 ウ:「物事をすぐに諦める。恐れて気力(かをやり遂げよう
    とする気持ち)がすぐなくなる。よわ。

    (例:気持ちが弱い、弱気)

 エ:「環境や条件にしやすい。物事に耐える少ない
   (例:に弱い)

 オ:「程度が小さい。よわ。」(例:弱い、責任感が弱い、弱火)

 カ:「みがある。くない。」(例:ねじの締めが弱い)

 キ:「厳しい激しい。決意が感じられない
   (例:弱い口調)

 ク:「はっきりしない。明確でない。」(例:印象が弱い)

 ケ:「得意(物事をうまく処理できる)でない」(例:英語に弱い)

②「よわまる(次第に勢い小さくなる)」(例:が弱まる)

③「よわめる(勢い小さくする)」(例:を弱める)

④「よわる

 ア:「・気力(かをやり遂げようとする気持ち)が衰える
    じゃく。
」(例:病気で弱る、衰弱)

 イ:「物事の勢いがなくなる」(例:会社が弱る)

 ウ:「困る」(例:バスに遅れ弱る)

 エ:「などの鮮度(新しくて生き生きしている程度)が落ちる
   (例:弱った)

②「若い」(例:弱年)

③「柔(やわ)らか・しなやか(から加わってもろう
  とするがあり、折れずにのように曲がった状態になる
  様(さま)
」(例:柔弱)

③「二十歳。また一般に若い男子」(例:弱冠)

④「足りないこと。端数を切り上げた添え言う」(例:五千万弱)

成り立ち

会意文字です(+彡×2)。「いた状態の(たわむ)」の象形

と「なよやかな」の象形から、「よわい、たわむ」を意味する

「弱」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジャク

常用漢字表外:「ニャク

訓読み:「よわ(い)」、「よわ(める)」、「よわ(まる)」、「よわ(る)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

10画

部首

弓(ゆみ、ゆみへん(弓偏))

「弓」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る