漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「乗/乘」という漢字
「乗/乘」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「乗」は小学3年生で習います。「乘」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順(乗)
意味

①「のる

 ア:「にあがる」(例:椅子に乗る)

 イ:「移動する置く。じょう。」(例:に乗る、乗車)

 ウ:「音楽の調子(リズム)や動きによく合う」(例:リズムに乗って歌う)

 エ:「勢いがついて物事が具合よく運ぶ勢いにまかせて進む
   (例:勢いに乗る、図に乗る)

 オ:「誘い応じて仲間や相手になる。仲間として加わる
   (例:相談に乗る、話しに乗る)

 カ:「相手の考えどおりにかされる。だまされる。
   (例:口車に乗る、そのには乗らない)

 キ:「十分につく」(例:が乗った、化粧が乗る)

 ク:「流れによってばれる」(例:に乗る)

 ケ:「快(こころよ)い調子(リズム)で演奏する。テンポを速めて演奏する。

 コ:「歌舞伎・舞踊で、しぐさや躍りが音楽に合う
   (例:三味線にったせりふ)

 サ:「沿って行く

 シ:「にぴったりとついて離れない」(例:が乗り移る)

②「のせる

 ア:「置く」(例:に乗せる)

 イ:「移動するかせる」(例:に乗せる)

 ウ:「や調子に合わせる」(例:リズムに乗せて躍る)

 エ:「物事が順調に行くようにする」(例:商売を軌道に乗せる)

 オ:「仲間として加える」(例:その仕事に乗せてさい)

 カ:「考えどおりに相手をかす。だます。」(例:口車に乗せる)

 キ:「物事をある手段や経路によって運ぶ

③「のりもの(いて移動する)」(例:下乗)

④「良い機会として利用する」(例:便乗)

⑤「凌(しの)ぐ」、「勝つ

⑥「計算する」、「計算」(例:乗除)

⑦「掛け算する」、「掛け算」(例:乗除)

⑧「」、「

⑨「単位を示す

 ア:「つで揃い

 イ:「をつけた

 ウ:「兵車(戦車に用いる)と数える

⑩「記録」、「歴史」、「歴史書」(例:史乗)

⑪「春秋時代、の歴史書

⑫「仏法(教え)」(例:大乗、小乗)

[乗・載の使い分け](のる)

」・・・がそのにあがる場合(例:に乗る、に乗る)

」・・・にあがる場合。また、印刷出る
     (例:荷物を載せる、新聞に載る)

成り立ち

会意文字です(+舛+)。「両手両足をいた」の象形と「両足を

いた
」象形と「」の象形から、にはりつけになってのせられた

意味し、そこから、「のる」を意味する「乗」という漢字が成り立ちました。

※中国、最古の歴史書「尚書」には、の時代から追放刑(流罪)

あったことがされています。この事例によってに日本でも流罪が

成立しました。

※「乘」は「乗」の旧字(以前に使われていた)です。

※「乗」は「乘」の略字です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジョウ

常用漢字表外:「ショウ

訓読み:「の(る)」、「の(せる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「あき」、「しげ」、「のぼる」、「のり

画数

9画」(乗)

10画」(乘)

部首

丿(の、のかんむり(ノ冠)、のはらいぼう(ノ払棒)、はらいぼう(払棒)、へつ)

「丿」を含む漢字一覧

書き順・書き方(乗)
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る