漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「四」という漢字
「四」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「四」は小学1年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「

 ア:「の名前。三(さん)。よっ。よつ。
   (例:四角、四枚、四つ、四葉)

 イ:「。よ。よん。」(例:四月、四番、第四)

 ウ:「ってから、もう行う。よ。よん。
   (例:再三再四、四度)

 エ:「西の方角。周囲。よ。」(例:四方、四隅)

②「よつ(巳(み)(今の午前亥(い)(午後)

③「3」(例:子供が三つになる)

成り立ち

指事文字です。甲骨文・金文は、「4の横線」からの「よつ

の意味を表しました。篆文では、「のに見える」象形

となり、「」の意味をしましたが、借りて(同じ読みの部分に当て字

として使って)、「よつ」を意味する「四」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちの歴史背景

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。


資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。





読み

音読み:「

訓読み:「」、「よ(つ)」、「よっ(つ)」、「よん

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「ひろ」、「もち」、「よつ

画数

5画

部首

囗(くに(国)、くにがまえ(国構))

「囗」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る