漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「東」という漢字
「東」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「東」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「ひがし(ひんがし)」(反意語:西)

 ア:「太陽()の出る方角。とう。あずま。」(例:東にある、東西)

 イ:「アジア諸国の総称。特に、日本・中国・インド等、アジアの
    東部・南部を指す。とう。
」(例:東で起きた戦争、東洋)

 ウ:「相撲の番付で、向かって」(例:東の横綱)

五行では四季では五色ではてる。

五行とは、言う。また、五行思想とは、
  すべてのからっているとした古代、
  中国の思想の

※五色とは、仏教において、釈迦(仏教を始め)の動き
  五つのがある。

②「東京の」(例:東名)

③「ひがしする(「①-ア」に向かって行く)

④「主人」(は、西に、主人が「①-ア」に位置したから言う)

⑤「箱根から「①-ア」の」(例:関東)

⑥「東琴(あずまごと-日本最古の弦楽器)の

※弦楽器とは、られたの震動によって出す楽器の
  います。

⑦「東下駄(あずまげた-婦人用の下駄)の

⑧「から「①-ア」にある地方の総称。関東地方や、東海地方、
  甲信地方をした
」(例:東国)

成り立ち

象形文字です。「袋(ふくろ)括(くく)った」象形から、動か

万物を眠りから動かす太陽の方角「ひがし」を意味する「東」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
漢字の面白さが無限に広がる、もらって大満足の資料となって
おります。ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「トウ

常用漢字表外:「ツウ

訓読み:「ひがし

常用漢字表外:「あずま

名前(音読み・訓読み以外の読み):
あがり」、「あきら」、「こち」、「」、「はじめ」、「はる」、「ひで」、「もと

画数

8画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る