漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「赤」という漢字
「赤」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「赤」は小学1年生で習います。「赤」は部首です。)

成り立ち読み方画数・部首解説書き順・書き方
意味

①「あか

 ア:「火事が起きや人間ののような
    三原色(割合を変えて混合すれば、全て表す
    できる基本となるつの)のつ。は、
    せき。
」(例:赤い花、赤飯)

 イ:「「ア」と同じ方面にある  ・などの総称

 ウ:「「ア」でいた文字」(例:回答に赤を入れる)

 エ:「(革命が「ア」のであるところから)共産主義・共産主義者の
    正式でない。せき。
」(例:赤軍)

※共産主義とは、財産の一部または全部を共同所有する
  で平等な社会を目指す体制の

 オ:「全く」、「明らか」(例:赤の他人)

 カ:「信号が「ア」の」(例:赤は止まれ)

 キ:「「ア」に近いの味噌」(例:今日の味噌汁は赤だ)

 ク:「(あかが)ねの

 ケ:「「ア」の短冊にが それぞれ合わされて
    かれた
」(例:赤短)

 コ:「「ア」系色素であるアントシアンをんだ「ア」のをした

 サ:「小豆(あずき)の(天皇の住む働く女性が使った)

 ス:「ありのまま。むき出しの。(本当の気持ち)。
    付けていない。せき。
」(例:赤恥、赤心、赤裸々)

②「あかい

 ア:「「①-ア」のをしている

 イ:「共産主義者である

 ウ:「美しい」、「きれい

③「あからむ(赤くなる)」、「あからめる(赤くする)

④「北極と南極から最も遠い地球上のんだ」(例:赤道、赤緯)

成り立ち

会意文字です(+)。「両手・両足を伸びやかにした」の象形と

燃え立つ」の象形から、浴びるし、そこから、

あかい」を意味する「赤」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料をもらってみて下さい。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「セキ」、「シャク

訓読み:「あか」、「あか(い)」、「あか(らむ)」、「あか(らめる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
」、「はに」、「はにゅう」、「わに

画数

7画

部首

赤(あか、あかへん(赤偏))

「赤」を含む漢字一覧

部首解説:
「赤」をもとにして、赤い、赤くなるなどの意味を表す
漢字ができている。

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る