漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「銅」という漢字
「銅」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「銅」は小学5年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「どう(あかがね)

 ア:「金属の柔らかく、を反射する特徴をち、は、
    輝きのある。紀元前9000の中東で利用され初め
    くから重要な金属としてわれてきた。


※金属とは、を反射する特徴をち、や電気をよく伝え、強度が
  大きくて折れにくく、柔軟にする固体の物質の総称を言う


 イ:「「ア」のような輝きのある

 ウ:「「ア」でった貨幣(商品やサービスの交換手段として
    用いられる)
」(例:銅貨)

 エ:「「ア」でった」(例:銅器)

成り立ち

会意兼形声文字です(+)。「金属の象形とすっぽり覆うさまをした

文字と土地の祭る固めの象形
」(まれる

金属」の意味)と「の直径の大きさが等しいした」象形

(「」の意味)から、作るの金属「どう」を意味する「銅」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ドウ

常用漢字表外:「ズウ」、「トウ

訓読み:「あかがね

名前(音読み・訓読み以外の読み):「かね

画数

14画

部首

金(かね、かねへん(金偏))

「金」を含む漢字一覧

書き順・書き方
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る