漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「扱」という漢字
「扱」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「扱」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「おさえる」(同意語:収/收)

 ア:「一定の範囲の中にきちんと入れる

 イ:「手に入れる

②「取る」、「つまむ

③「はさむ」、「さしはさむ」(同意語:挿)

④「及ぶ」、「届く

日本のみで用いられる意味

⑤「あつかう

 ア:「道具・機械などを、使ったり操作したりする

 イ:「を処理する

 ウ:「人をもてなす」、「世話をする

 エ:「ある身分・役割・状態にあるものとして対応する

 オ:「たくさんある事の内、取り上げて問題にする

⑥「こく(しごく)

 ア:「長いものを握ったり指で挟んだりして、強く押さえつける
    ようにしながら、その手や指をこするように動かす


 イ:「きびしく訓練する

 ウ:「ひどくいじめる

成り立ち

形声文字です(扌()+)。「5本の指のある手」の象形と「人の象形と

手の象形
」(人に手が触れて「追いつく・およぶ」の意味だが、ここでは、

「吸(キュウ)」に通じ(同じ読み持つ「吸」と同じ意味を持つように

なって)、「すいこむ」の意味)から、「手で引きこむ」を意味する

「扱」という漢字が成り立ちました。


漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
ぜひ、【漢字の謎 解明講座】の資料を無料でもらってみて
下さい。ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで
記載
されていて感動しますよ。また、古代中国の歴史が
イメージできるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえますので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒もらって大満足【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:常用漢字表内はなし

常用漢字表外:「キュウ」、「ソウ

訓読み:「あつか(う)

常用漢字表外:「こ(く)」、「しご(く)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

画数

6画

部首

扌(てへん(手偏))

「扌」を含む漢字一覧

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る