漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「収/收」という漢字
「収/收」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「収」は小学6年生で習います。「收」は常用漢字外(人名用漢字)です。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「おさめる

 ア:「受け入れる」、「取り入れる」、「手に入れる」(例:収容)

 イ:「取り上げる」、「取り立てる」(例:収責)

 ウ:「捕らえる」、「罪人などを捕まえる

 エ:「持つ」、「手にする」、「握る

 オ:「鎮める(乱れているものを、落ち着いて穏やかな状態にする)

②「おさまる

 ア:「縮む」(例:収縮)

 イ:「終わる」、「やむ

[納・収・修・治の使い分け](おさめる)

」・・・「正しくする、なおす。」(例:国を治める、病気を治す)

」・・・「入れるべき所に入れる。終わりにする。
      (例:税を納める、飲み納め)

」・・・「取りまとめる、鎮める、取り入れる。
     (例:紛争を収める、成功を収める、カメラに収める。)

」・・・「学ぶ、身につける。」(例:学問を修める)

成り立ち

会意兼形声文字です。「2本のひもを1つによじりあわす」象形(「まつわる」の

意味)と「ボクッという音を表す擬声語と右手の象形」(「手でボクッと

打つ・強制する
」の意味)から、「物をからめとる」、「手に入れる(おさめる)

を意味する「収」という漢字が成り立ちました。

※「収」は「收」の略字です。


※「收」は「収」の旧字(以前に使われていた)です。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方は、
【漢字の謎 解明講座】無料資料がオススメです。
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載されて
いて感動しますよ。また、古代中国の歴史がイメージできる
アニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。古代中国
の実情から漢字の本来の意味を学ぶ事ができます。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「シュウ

常用漢字表外:「シュ」(「收」のみ)

訓読み:「おさ(まる)」、「おさ(める)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):
おさむ」、「かず」、「さね」、「しゅう」、「すすむ」、
なお」、「なか」、「のぶ」、「もと」、「もり」、「もろ

画数

4画」(収)

6画」(收)

部首

「収」の部首
又(また)

「又」を含む漢字一覧

「收」の部首
攵(のぶん(ノ文)、ぼくづくり(攵旁)、ぼくにょう(攵繞))

「攵」を含む漢字一覧

書き順・書き方
サービスの魅力についても研究しています。

薬剤師求人/転職サイト:
ファルマスタッフリクナビ薬剤師マイナビ薬剤師

医師求人/転職サイト:
医師転職ドットコムマイナビDOCTOR

看護師求人/転職サイト:
マイナビ看護師

全身脱毛サロン
キレイモ(KIREIMO)コロリー(coloree)

大人気サービスの人気の秘密がわかります。
ぜひ、ご覧になってみて下さい。

漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る