漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「柔」という漢字
「柔」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「柔」は中学生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「やわらかい

 ア:「折れずによく曲がる」、「しなる」(反意語:剛)(例:柔軟)

 イ:「弱い」、「弱々しい」(例:柔弱)

 ウ:「性格や態度がやわらかい」、「やさしい」(例:柔和)

②「やわらか(しなやか。外からが加わっても元に戻ろう
  とするがあり、折れずに弓のように曲がった状態になる
  様(さま))


②「やわらげる(おだやかになるようにする、性格・態度などが
  落ち着いた状態にする)


③「なつく(慣れて親しむ、慣れて付き従う)」(例:懐柔)

④「安心する

⑤「うるおす」、「ぬらす」、「水につける

⑥「陰の日。十干の中の乙・丁・己・辛・癸にあたる日」(例:柔日)

日本のみで用いられる意味

⑦「やわら(柔術、柔道)

[軟・柔の使い分け]

」・・・「力を加えて変形できるを重視する場合に多く用いられる
      (例:軟らかな土)

」・・・「力を離すと元に戻るを重視する場合に多く用いられる
      (例:柔らかな身のこなし)

成り立ち

会意文字です(+)。「大地を覆う」の象形と「長い柄の頭に鋭い刃

をつけた武器:ほこ
」の象形から、矛(ほこ)の柄に使える、折れない

しなやかな木を意味し、そこから、「やわらかい」を意味する「柔」という

漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちについてもっと詳しく学んでみたい方
【漢字の謎 解明講座】の資料も合わせてもらってみて下さい。

ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しますよ。

また、古代中国の歴史がイメージできるアニメの絵も
あって
とてもわかりやすかったです。

講座の受講は有料ですが、資料は無料でもらえるので、
ぜひ、資料請求してみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】
の無料資料申し込みはこちら




読み

音読み:「ジュウ」、「ニュウ

訓読み:「やわ(らか)」、「やわ(らかい)

常用漢字表外:「やさ(しい)」、「やわ(らげる)

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「とう」、「なり」、「やす」、「よし」

画数

9画

部首

木(き、きへん(木偏))

「木」を含む漢字一覧

OK辞典作成に使用した漢和辞典
漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る