漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「後」という漢字
「後」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「後」は小学2年生で習います。)

成り立ち読み方画数・部首書き順・書き方
意味

①「あと」(反意語:)

 ア:「の背中のいている方向。こう。ご。
   (例:が後からついてくる、後方、背後)

 イ:「ある基準点より未来・。のち。ご。
   (例:後でやります、晴れ後、雲り、後日)

 ウ:「ある時点より・以前。」(例:後先)

 エ:「連続するものので、来るもの。こう。ご。
   (例:の後の、後継者、後妻)

 オ:「子孫。のち。こう。」(例:後が途絶える、後胤)

 カ:「んだより未来・。のち。」(例:後にされた子供、後の)

 カ:「物事が終わってからったもの」(例:後始末、後を引く)

 キ:「それから」(例:後、質問はありませんか)

②「うしろ」(反意語:)

 ア:「背中」(例:後ろからされる)

 イ:「まっすぐった状態でている方向とはの方向
   (例:後ろにある)

 ウ:「建物の正面(・重要な位置を占めている)とは
    反対の方向
」(例:会社の後ろの通り)

 エ:「からは見えないの裏側になっているところ。
   (例:カーテンの後ろ、後ろで操る)

 オ:「ある物事の終わり。ご。
   (例:行列の後ろにつく、最後)

 カ:「過去」(例:後ろは振り返らない)

 キ:「舞台で、役者に着物をせたり、セリフをつけたり、
    役者の動作に合わせてったり演奏したりする。また、その


 ク:「物事の過ぎ去ったのち。特にったり、んだりした、
    それから
」(例:った後ろの)

 ケ:「平安時代以降の朝廷(治める最も地位の高いが政治を
    行う)の男子の正服(儀式着る)のつである
    下襲(したがさね)の背中のいている方向に引く部分


③「おくれる

 ア:「取り残される」(例:流行に後れる)(同意語:)

 イ:「動作・進行に時間がかかる。こう。
   (例:時計が後れる、後進国)(同意語:)

 ウ:「決められた時刻・期限に間に合わなくなる。こう。
   (例:出勤時間に後れる、後見)(同意語:)

 エ:「劣る」(例:後れた)

 オ:「負ける

 カ:「親しいなれる。自分だけが生き残る。
   (例:妻に後れる)

 キ:「相手の勢いやそのの雰囲気されて、
    気持ちがくなる・かをおうとしていた勢いくなる

    (例:気後れ)

④「しり」(同意語:)

 ア:「や動物の胴体の後部で、肛門の付近の肉づきの豊か
    ところ。けつ。


 イ:「動くの背中の方向やの正面とは反対の方向
   (例:後をついていく)

 ウ:「物事の終わりの部分」(例:言葉の後)

 エ:「長いの部分」、「末端」(例:縄の後)

 オ:「容器の外側のの部分。また、果物のの部分」(例:の後)

 カ:「着物の((の部分))

 キ:「物事や行為の結果。結果としてじた事態

⑤「ある基準点より未来・行うようにする
  (例:後にする、後回しにする)


[跡・後の使い分け](あと)

」・・・「以前にかあったしるし」、「先代の身分・財産を
      受け継ぐ。また、その身分・財産
」(例:戦争の、跡を継ぐ)

※「以前にかあったしるし」でに関連した言葉には「」ではなく
  「」を用いるもできる。(例:傷痕、涙の痕、爪痕)

上記、以外は「後」を用いる。(例:後で行う、後をついていく)


成り立ち

会意文字です(彳+幺+夂(夊))。「十字路の半分」の象形と「の先端

の象形と「下向きの」の象形から行くにからまって

歩みが「おくれる」、「あと」を意味する「後」という漢字が成り立ちました。

漢字の成り立ちに隠された歴史

漢字の成り立ちの歴史背景まで学びたい人はぜひ、
【漢字の謎解明講座】の資料をもらってみて下さい。
資料は無料でもらえるので、早速、資料請求してみた所、
ものすごく細かく、漢字の成り立ちの歴史背景まで記載
されていて感動しました。また、古代中国の歴史がイメージ
できるアニメの絵もあって
とてもわかりやすかったです。
資料請求は無料ですので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

⇒【漢字の謎 解明講座】の無料資料
申し込みはこちら




読み

音読み:「」、「コウ

訓読み:「のち」、「うし(ろ)」、「あと」、「おく(れる)

常用漢字表外:「しり

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「しつ」、「ちか」、「のり」、「もち

画数

9画

部首

彳(ぎょうにんべん(行人偏))

「彳」を含む漢字一覧

書き順・書き方
中国の漢字・中国語も学んでみませんか?

漢字が生まれて約4500年、各国では漢字の簡略化が実施され、
日本では略字が、中国では簡体字正字として使われるように
なりました。漢字の移り変わりと合わせて、中国と日本の漢字・
中国語と日本語の共通点や異なる点を発見しながら知識を深めて
いったり
中国語の発音・会話中国の文化・習慣・文法について
学ぶ事で自身のスキルアップ・キャリアアップにつなげる事が
できます。
学習内容に関する詳しい資料は無料でもらえます
ので、ぜひ、資料をもらってみて下さい。

【ゼロからスタート!仕事で使える中国語】
の無料資料申し込みはこちら



漢字/漢和/語源辞典:OK辞典 トップへ戻る