漢字・漢和辞典-OK辞典⇒⇒⇒「継/繼」という漢字
「継/繼」という漢字

漢字の意味・成り立ち・読み方・画数等を調べてみました。
(「継」は中学生で習います。「繼」は常用漢字外です。)

成り立ち読み方画数・部首
意味

①「つぐ

 ア:「つなぐ」、「つなぎ合わせる」(例:中継)

 イ:「続ける」(例:継続)

 ウ:「前の者の言葉などを受け、次の者に伝える」(例:継承)

 エ:「衣服の、破れたり、傷んだりした箇所に布などを当てて直す

②「つぎ(後を引き受ける者)」(例:後継者)

③「ついで

 ア:「続いて

 イ:「やがて」、「間もなく

日本のみで用いられる意味

④「つぎ(や布の破れに他の布などを当て補修する
  またその補修する)


⑤「まま(血のつながりがない事)」(例:継母)

[次・継・接の使い分け](つぐ)

」・・・「何かの後に続く。」(例:相次ぐ事件)

」・・・「ひとつづきにする、受け継ぐ。」(例:布を継ぐ、後継ぎ)

」・・・「切れ目をつなぎ合わせる。」(例:接ぎ木)

成り立ち

象形文字です。「糸に糸をつなぐ」象形から、「つぐ」、「つなぐ」を

意味する「継」という漢字が成り立ちました。

※「継」は「繼」の略字です。

※「繼」は「継」の旧字(以前に使われていた)です。



読み

音読み:「ケイ

訓読み:「つ(ぐ)

常用漢字表外:「まま

※訓読み⇒()の中は「送りがな」

名前(音読み・訓読み以外の読み):「つぎ」、「つぐ」、「つね」、「ひで

画数

13画」(継)

20画」(繼)

部首

糸(いと、いとへん(糸偏))

「糸」を含む漢字一覧

漢字・漢和辞典/学習教材:OK辞典 トップへ戻る